日別アーカイブ: 2013年3月31日

(*^。^*)・・デンタル・ケア・・(^_-)-☆

ashiato02.gif・・・inu.gif・・・こんにちは。

今日は、デンタル・ケアについてお話しま~す。

数年前より、口臭や歯石のご相談が増え始めていましたが、今年に入って、デンタル・ケア(歯石除去・歯周病治療)のご予約が非常に多く入っています。

3月だけでも6症例・・・・・rip.gif

歯石はいろいろな無機塩、有機物および食物粒子からできています。

歯石が形成される初期段階では、柔らかい歯垢(プラーク)ですが、月日が経つに従って硬くなり、歯にガッチリとくっついていきます。

永く放置しておくと、歯肉の炎症を引き起こし、歯肉が後退して歯のぐらつきをひきおこします。

息はとっても臭くなりますし(>_<)、口腔は感染源となるので気をつけなければなりません。

ashiato02.gif 歯石や歯周病を治療しないでおきますと、菌が血中に侵入して心臓の弁膜にダメージを与えることがあり、ヒトでも最近問題視されています。

inu.gif も、neko.gif も、実際の処置には、全身麻酔が必要となります。

当院がお薦めしているペット・ドックで、血液検査や、心電図、etc・・・を実施の際、口腔のチェックもさせていただき、その子の年齢や体調に合わせて麻酔薬を選択します。

重度の歯石形成や、歯周病が深刻なケースでは、処置前の数日間、抗菌剤を服用させていただくこともあります。

通常、お昼前にお預かりして、午後の予約・外科時間に処置を終え、当日の夕方にはお返しできますし、夜の食事も普通にとっていただけますよ(*^^)v。

3月に実施させていただいた何例かの症例をご紹介いたしますね(^^)v。

Wクリックすると、画像が大きくなります。

DSC_0102らんらんプレ左

DSC_0103ランランプレ前

症例1) 7歳のポメラニアン、女の子、Rちゃん。ついでに、毛玉取り、毛刈りのご依頼も。

処置後のRちゃん。歯周病が重度で、歯周ポケットも深かったので、歯科用軟膏の抗菌剤を注入しました。

処置後、数十分で、歯茎もしっかり締まってきています(*^_^*)。

DSC_0104らんらんポスト右DSC_0106らんらんポスト左

 

症例2) 7歳のT.プードル、男の子、Mちゃん。

DSC_0108モコプレ右DSC_0111モコプレ左

遺残乳歯を抜歯していただいてから、大切な永久歯が動揺(ぐらつき)し始めたとか・・・・(>_<)。

うちのちっぷも、7か月令で遺残乳歯を3本抜歯。ぴっぴにいたっては、7か月令で同じく遺残乳歯を12本も抜歯いたしました(+_+)。

彼女、まるでサメの歯みたいで・・・・大部分が2重の歯列で、処置中は、さすがの私もスタッフも・・・ため息(-_-;)。

でも、よくがんばりました(^^)v。永久歯も動揺もなく、バッチリ!・・・毎日の歯磨き、ちっぷ姉ちゃんと頑張ってますよ(*^^)v。

抜歯後の処置がしっかりしていれば、永久歯への悪影響などもなく、大丈夫なのですが・・・・?

乳歯を残しておきますと、隣り合わせの永久歯との隙間により一層食べカスが溜まりやすく、歯垢や歯石の原因となりやすくなります。

遺残乳歯の抜歯は、是非、お薦めしたいですね。

DSC_0113モコポスト

処置後のMちゃんです。

歯茎からの出血も、すぐに止まり、歯茎の腫れも時間とともにしっかり引き締まっています。

 

 

 

 

症例3) 11歳のM.ダックス、男の子、Kちゃん。

DSC_0120安達空DSC_0122安達空3

あまりに大きな歯石にビックリ(+o+)。

なんと、厚みが4mmもある部分もありました。

でも、案外、歯肉がしっかりしていて・・・・ホッ(^^)v。

DSC_0121安達空2DSC_0124安達空4

こんなにきれいになりました。もちろん、口臭も・・・・・ほとんど消失(^^)v。

 

症例4) 9歳のM.ダックス、男の子、Dちゃん。

DSC_0126ドリバー3

Dちゃんは、重度の歯肉炎。

口臭もひどく、また、綿棒でやさしく触れただけでも歯茎からはすぐに出血。

歯周ポケットも深く、放っておくといずれは、大切な永久歯が・・・・抜け落ちてしまう~(._.)。

処置後、もちろん歯科用軟膏の抗菌剤をポケットに注入!

 

DSC_0128ドリバー2DSC_0129ドリバー

処置直後は、ごらんのとおり、歯茎も真っ赤!

でも、夕方のお迎えのときには、歯茎はきれいなピンク色で、しっかり引き締まっていましたよ(*^^)v。

 

どの子も、仕上げにはフッ素配合のペーストでポリッシングします。

それでも、大切なのは、日ごろのお手入れ・・・・につきますね。

ブラッシングが一番!・・・なのは、みなさん、重々解っていらっしゃるのですが・・・・なかなか・・・(+_+)。

だって、歯石もバッチリ、歯茎は炎症をおこして腫れてすぐに出血・・・こんな状況では、どんなにおとなしい子でも、『歯ブラシ、こわ~い!!』・・・ってことになっちゃいますよね。

本当は、甘噛みの盛んな頃、乳歯から永久歯に生え換わる頃、なんでもかんでもかじってまわる遊び盛りの頃・・・・、歯ブラシなどを使って遊びの延長のなかで、歯磨きを習慣づけることがベストだと思っています。

おいしい味の練り歯磨きや、チキンやバニラフレーバーのもの、スプレータイプのもの、などなど・・・・種類も豊富です。

また、練り歯磨きには効果は劣りますが、飲用水に添加するタイプのものは、特にお口の中がネバネバで、唾液もネバネバの子にお薦めです。

 

いずれにしましても、今回、処置をさせていただきました子たち、これからも定期的にチェックをしていきましょうね(^^)v。

デンタル・ケアの処置だけでなく、予防的なご相談にも応じていますので、お気軽にお声をおかけくださいね(^_-)-☆。