当医院の設備・機械のご紹介の一部です。 安心できる高度な治療・検査が出来るように、各種設備を取り揃えております。
“べる・らんど動物病院”では、様々な検査機器を駆使しながら言葉を話すことが出来ない動物達の立場に立ち、出来る限り痛みを伴わない治療を心掛けております。
又、CTやMRIなどの特殊な検査が必要とされるケースでは、高度医療センター・専門医をご紹介いたします。
入院施設もご用意しており、患者様のケアにも努めております。

顕微鏡・TVモニター装置

顕微鏡・TVモニター装置

日常的に便検査・尿沈渣検査・皮膚病(真菌・寄生虫など)、交配時の腟スメアー検査(排卵日予想など)などで大活躍しています。
又、すぐ横のTVモニターに実際の顕微鏡像を写し出し、飼い主さまにも観ていただきながらご説明します。

血液生化学自動分析システム&電解質測定装置

血液生化学自動分析システム&電解質測定装置

微量の採血量で当院内にて、15~20項目の検査が迅速に測定可能です。

全自動血球計数器

全自動血球計数器

赤血球数、白血球数、血小板数他、
8項目を測定できる全自動タイプの動物専用血球計数器です。

超音波画像診断装置(カラードップラー)

超音波画像診断装置(カラードップラー)

X線(レントゲン)診断法では、確定診断の困難な軟部組織領域(肝・腎・子宮・心臓など)の異常の発見に役立ちます。
心臓疾患、弁膜異常などでの血液の逆流なども観察できます。

心電図自動解析装置

心電図自動解析装置

ペットに痛みを伴わず、短時間での心電図検査が可能です。

生体モニター

生体モニター

オペ中の患者さんの状態をトータル的にモニターします。
・ECG(心電図)・・・心臓の電気的信号をとらえます。
・NIBP(オシロメトリック血圧)・・・血圧を測定します。
・SPO2(動脈血酸素飽和度)・・・パルスオキシメーターで血液中の酸素の濃度を測定・観察します。
・ETCO2(終末呼気炭酸ガス濃度)・・・カプノメーターで呼気中の炭酸ガスの濃度を測定・観察します。
・Ag(麻酔薬濃度)・・・投与されている吸入麻酔薬の吸気/呼気の濃度を測定・観察します。
・体温・・・皮膚温・直腸温を測定します。
・呼吸数・・・呼吸数、呼吸リズムを測定・観察します。

病気やケガ・予防は、一次診療動物病院であるべる・らんど動物病院へ!